「堂松南交流ひろば」は地区の様々な情報を発信するポータルサイトです。

町会のご案内

沿革

立花村の沿革
「立花」の名称は、往古、地区の大部分が橘御園荘という荘名がつけられていた。その「橘」を「立花」の字に改めてつけられたと考えられています。

西暦 月日 内容
1889 明治22年 4月1日 市町村制実施。塚口村、東富松村、上之島村、栗山村、大西村、尾浜村
三反田村、七松村、水堂村など11か村が合併して立花村が出来た。
1889 明治22年 6月 立花村役場が栗山村に設置された。
(当時の住居表示の一例:兵庫県川辺郡立花村七松城内)
1942 昭和17年 2月11日 立花村は尼崎市と合併し、尼崎市となる。

堂松南地域の発展と沿革

西暦 月日 内容
1874 明治7年 5月11日 官設鉄道の線路(大阪-神戸間)が開通した。しかし、この地区に駅はなかった。
1889 明治22年 7月1日 東海道本線が開通。
1931 昭和6年 東海道線 京都-神戸間の電化計画の発表
1932 昭和7年 中間駅の設置として、大庄・武庫村と立花村(七松、水堂を中心とする)とが誘致競争を繰り広げた
1933 昭和8年 11月 橘土地区画整理組合が結成、事業認可される。
1934 昭和9年 7月20日 東海道線に立花駅が開設された。(吹田駅ー神戸駅間が電化。)
1935 昭和10年 10月 区画整理事業工事の完成、上水道水源地施設の建設
1937 昭和12年 3月 「橘水道」給水開始。(施設は、現、立花町1丁目6付近)
1938 昭和13年 5月 全国唯一の区画整理組合経営の上水道(昭和29年に廃止)
橘第二土地区画事業が開始される。
1942 昭和17年 2月11日 立花村は尼崎市と合併する
1951 昭和26年 6月 政令による社会事業法にもとづいて、尼崎市全域に社会福祉協会を結成。
注記:その後、住居表示の変更の変遷を経て、堂松南社会福祉連絡協議会(10町会)が発足。
堂松南=水堂村の南部、七松村(一部線路北側を除く)、三反田の南部で構成。
1954 昭和29年 10月1日 七松小学校の開校。(創立記念日)
1960 昭和35年 10月22日 日新中学校が開校。(七松小学校と北難波小学校、三反田町、尾浜町の一部が校区,)
1962 昭和37年 10月8日 尼崎市役所の新庁舎が落成した。
1970 昭和45年 10月 立花駅の橋上駅舎化。
1972 昭和47年 3月 道意線と立花駅の立体交差が開通した。
1983 昭和58年 3月 現在の堂松福祉会館が落成。
1995 平成7年 1月17日 阪神淡路大震災。
2000 平成12年 4月21日 フェスタ立花の高層複合ビル(地上27階、高さ100m)が竣工した。
2008 平成20年 10月15日 県民交流広場事業に応募・合格し、堂松福祉会館の改装が行われた。
2009 平成21年 5月 地域SNS「ひょこむ」のサポートにより「堂松南交流ひろば」のポータルサイトが立ち上がった。

堂松南の施設

公共機関

公共機関   施設場所
市役所 本庁舎 東七松1丁目
市役所 議会庁舎 東七松1丁目
市民情報センター 東七松1丁目
保健センター フェスタ立花5F 七松町1丁目
水道局 東七松2丁目
消防団 七松分団 七松町2丁目
警察署 七松交番(南警察署の管轄) 七松町1丁目

市民利用施設

市民利用施設   施設場所
身体障害者・児童福祉施設 身体障害者ディサービスセンター 七松町3丁目
知的障害者通所授産施設 (民)福成会七松分場 東七松2丁目
知的障害者通所授産施設 (民)育成会、育成作業所 東七松2丁目
子育ての相談、セミナーなど すこやかプラザ(フェスタ立花5F) 七松町1丁目

学校・園・保育所

学校・園・保育所 施設場所
七松保育所 七松町2丁目
(民)七松幼稚園 七松町2丁目
(民)めぐみ幼稚園 西立花2丁目
七松小学校 南七松町1丁目
日新中学校 東七松2丁目

公園・市民プール等

公園・市民プール等   施設場所
橘公園 (避難場所) 東七松1丁目
芦原公園 (避難場所)(市民プール) 東七松2丁目
昭和公園 七松町2丁目
高瀬公園 西立花3丁目
川辺公園 南七松町1丁目

地域の会館

地域の会館 (使用者等) 施設場所
市立堂松福祉会館 堂松南連協議 七松町2丁目
城東福祉会館 七松城東単協 東七松1丁目
七松福祉会館 七松城内単協 七松町2丁目
鳥林福祉会館 水堂鳥林単協 西立花2丁目

神社・寺院・協会等

神社・寺院・協会等 施設場所
八幡神社 七松町3丁目
御嶽教摂津大杉協会 七松町1丁目
弘誓寺 七松町3丁目
光輪寺 西立花2丁目
日本イエス・キリスト教団尼崎福音協会 東七松1丁目
天理教稗島分協会 七松町2丁目

文化財、史跡等

文化財、史跡等   施設場所
市指定文化財 絹本著色顕如上人画像(光輪寺) 西立花2丁目